友達に郷土銘菓の食べ比べをしてもらいました

私にはインターネットを通じて知り合った同性の友人がいます。

ネットを通じての知り合いですので、それまでは一度も会ったことななかったのですが、5月の連休を利用して私が彼のところに遊びに行くことにしました。

ちなみに彼は富山県、私は三重県に住んでいるのです。

こちらから遊びに行くわけですので手土産が必要です。何にしようかなと迷いましたが、やはり三重県の土産といったら【赤福】でしょうね。

赤福餅は別にわざわざ伊勢の本店に行かなくても、近鉄の主要駅の売店に売っていますが、私は訳あって伊勢まで行って買い求めました。

一番小さい箱は8個入りで7?800円ぐらいだったと思います。

けれども赤福だけではつまらないので、もう一品用意しました。それは【御福餅】というものです。

御福餅(おふくもち)は三重県以外の人はほとんどご存じないと思いますが、餅の形といいパッケージといい、赤福餅にそっくりなのです。

赤福はメジャーですが、御福餅はマイナーです。値段もほとんど同じです。お店は赤福と同じ伊勢市内にあります。御福餅が買いたかったので、わざわざ近鉄急行に乗って伊勢まで行ったのです。

で、二つの餅を持って富山まで行きました。友人に【どっちがおいしい?】と聞いたら・・・

【僕って、甘いものは苦手なんだよね】という答えが返ってきました。

うーん、残念。